もちもちおねいまんと4枚の絵

もちはもちや おねいまんはもちもちおねいまんです

翻訳

気分よく歩いているここは、電気店。ポケトークという自動翻訳機のところで立ち止まり、販売員の紳士にうながされるまま試しにマイクに向かって「秋葉原に来ました」と言ってみたら 「I came to Akihabara」などと機械が通訳してくれた。おお。次は英語で「アイ ハブ ア ペン」と言ってみたところ*1(I have a penis.)と訳されてしまった。おおう。

f:id:motimoti3:20190911170139p:plain

Ⅰ have a pen

 

*1:わたしはペニスを持っています」

稲穂

心はまだまだやれるぜ なのに 体はもうダメなのか。心がもうダメだから 体がそのこえを聴いたのか。体がやれるぜとうそを言ったことに心が腹を立てて動けなくしたのか。お互いほっとして団結して背いたのか。その微妙なちがいは判らなかったけど、微妙な違いというものがあることがありありとわかった。わたしは腹痛により横たわった。

 

f:id:motimoti3:20190904224613p:plain

疑問

パラリンピックの競技の申し込みをした。申し込みをしてから、ところでそれってどんなものなのと調べている。調べてみて果たしてそんなことが出来るの、なにか術を使うのか第六感のような努力の果てに。一年後そうした答えが目の前で明らかにされる予感。*1

f:id:motimoti3:20190828194305p:plain

雪の結晶

 

*1:当たりますように!

無為

マヌルネコを見ている。角ばったかわいいかたちのいいこだな。あれもこれも保留のそのままにして、たくさん作ったおかずを小皿にとって並べて食べた後。雨が来るか、こないのか、と気にしながら、あれとあれもしなきゃいけない罪悪感のままの3時間を過ごしている。*1

f:id:motimoti3:20190821200603p:plain

冷たい雪も降る

 

 

 

 

 

*1:そして寝てしまう

食掛

そうしたらファイルをまるごとかしなさいと、わたしの代わりに事務処理をしてくれることになった。上司が。なので調子に乗ってこれもやってくださいとお願いしたら、それはしてくれないのだった。おおう。同じグループのこはわたしを心配しないふりでマリーを3枚くれた。マリーの赤い袋入りのビスケット。のあまり。

 

f:id:motimoti3:20190812232723p:plain

葡萄の自転車

 

臨界

仕事が多くて一日三時間しか寝れない。その上ムハンマド様と喧嘩してミスしてしまいテトリスが積みあがったところでこれじゃ夏休みもとれないなあと思っていたところ、上司に叱責されておもわず泣いてしまった。25階のフロアの中心で涙をこぼす手前まで。もう回せないううっと言葉を詰まらせてしまった。限界。ではないけけど臨界。

https://www.youtube.com/watch?v=YKvtbH8qUWU

f:id:motimoti3:20190803173025p:plain

中国